nagikawa blog

梛川さんがどこかのお寺に行った話。

細見美術館

昨日、細見美術館に滑り込んだ。
 
コレクションは、強烈な趣向と収集に対する哲学があってこそ。
 
展示の良し悪しとか関係なくて。
 
田舎の公立の美術館では、限りなく絵画に似た何かとか
 
限りなく立体造形に似た何かとか、寄贈aka置き逃げ。。。
 
とかいうシロモノをうっかり目撃しちゃったりするので
 
『一人称』でものを見て集めるっていう気合は大事。
 
むかし週ポス?かなんかで、水着のおねーちゃんでも見るか。
 
と思って手にとった中に桃屋の社長がのってて、
 
”日本人が好きな平均的な味を作ろう。と思って商品開発したら
 
不味いものができた。なので自分が好きな味を形にした”
 
というようなことを言ってたのは。本当にそうだなーと思う。
 
平均的に、平等に、市民の権利の一つとして注がれる”美”とか、
 
わからん。
 
自分が心から信じる綺麗なものを身の回りに置きたいし
 
見たいです。ってそれだけです。
 
 
 
ぐーすかぐーすか
 
特技は眠りに落ちることです。