ロームシアター京都で、チェルフィッチュ「三月の5日間」を見てきた。

 

2003年に岸田國士戯曲賞をとったそうで。その頃私は中3か。

 

チェルフィッチュ

 

2010年、KAAT「ゾウガメのソニックライフ」、

 

2016年、安里教会「わかったさんのクッキー」、

 

以来。私は舞台なんてなかなか見ないから、同カンパニーは頻繁な方だ。

 

俳優さんがみんな若くて眩しい

 

感想は山ほどあったけど、一通り彼に喋り倒してもう忘れた。

 

戯曲の古典って全然知らない。

 

シェイクスピアとかイプセンとかモリエールとか分脈がなすぎて読めない

 

岡田作品にはわかりやすいカタルシスってものがない。

 

 

 

メディア芸術祭”Ghost”は、導線が悪すぎて作品見るどころではなかったかも

 

作家さんでも怒ってる人いそう。

 

キャプションに再現性が許容できないレベルなんで。って

 

一言添えてタイトルまで変えてある人もいた。

 

現代美術に関心が持てなくなって久しいけど。

 

状況が意味を変えすぎるとか、耐久性がないというか脆弱というか

 

そのへん追いかけきれない。